ウォーターサーバーの水を一年以上愛飲して思ったこと

ウォーターサーバーの水について思った事を書いていきます - 市販されている水素水とサーバーどちらが良い?

市販されている水素水とサーバーどちらが良い?

水素を発生させる方法で、水素の量が違ってきます。抜けて行ってしまうなら、やはり水素の量が多いものを選びたいですよね。手軽に買えるパウチと、サーバーの違いを比較してみましょう。

水素の量で比べると、パウチは充填時で0.1~2.5ppm、サーバーは0.1~3.4ppmとなります。パウチもサーバーもあまり変わらないのなら、手軽なパウチにしようかなと思われた方もいらっしゃるかと思いますが、落とし穴があります。

パウチの場合は「充填時」の数値だということです。ペットボトルやアルミ缶に比べるとパウチは抜けにくくなっています。しかし、キャップ部分はパウチの本体部分と違い抜けて行きます。

その反対にサーバーはその場で作られたものを飲むので、放置しない限り抜けしまうことがありません。このようなことから、パウチで販売されている水素水よりも、サーバーの方が良いのです。

でも水素水サーバーだからどれでも良いというわけではありません。体に効果的な濃度は、1.0ppmなので、それに近い濃度が良いと言われています。

しかしそれ以上高すぎても、効果にあまり差は無いと言われています。ただし水素水の濃度は、開けた瞬間に抜けてしまうことを考慮して、水素水を選んで下さい。

たくさんあって悩む!何が違う?


ペットボトルやアルミ缶よりもパウチの方が良い。パウチよりも、サーバーの方がいいのはわかったけれど、各社沢山あってどれが良いのかわかりませんよね。そこでいくつかのポイントにわけて選ぶ基準をあげてみました。

自分に合うウォーターサーバーどうやって選ぶ?


各社大きい設置型タイプや、ミニサイズの卓上用、持ち運びに便利なものなど色々ありますが、パウチは長い目でみたら割高になります。

やはりサーバーを常用として、外出先で飲みたい時は、パウチを購入、または持ち歩き用パウチやサーバーにすると良いのではないでしょうか。自身のライフスタイルや需要に合ったものを、じっくりと吟味して選んで下さい。

こちらの記事も読まれてみます